もうエタるのはやめた!について

もうエタるのはやめた!」は、小説を書く人のための情報ブログです。

  • 小説の基本的な書き方
  • 小説の質を上げるレベルアップ方法
  • 小説を書くのに役立つツール

を紹介していきます。

小説を書いている人これから小説を書きたい人が、より良い作品をつくれるようになる情報を集めています。

「エタる」とは?

ブログタイトルにもある、「エタる」という語句についてお話しします。

エタる」はeternalを語源とした造語です。

作られたはいいものの、創作者の様々な事情により完結を迎えることがなくなってしまうことを意味します。

永遠の未完ですね。

ネットの普及に伴い、手軽に自作品を公開できる状況が整っていくにつれ、このような永遠の未完作も増えているようにです。

そのような状態を表し、いつの間にやら「エタる」という語句も生まれていました。

ひらどー

この言葉を生み出したのは私ではありませんが、私もエタった経験があります

ブログの運営者

当ブログはひらどーが運営しています。

ひらどー

小説に関するお話をしていきます!

ひらどーとは?

1991年生まれ。中学生のときに出会ったラノベがきっかけで、小説家を志す。細かいことが気になっちゃう性質の持ち主。勢いだけで小説を書き始めるが、自身の性質が邪魔して途中で止めてしまう。多くのエタり作を生み出した経験がある。

詳細プロフィールはこちら

アイコンは自作ではありません。
ココナラでアルパッカ(@arupaka0v0b)さんに作ってもらいました!

ブログを始めた理由

ネット小説投稿サイトを開くと、途中で連載が終わってしまった作品をたくさん見かけます。

出だしから中盤までは確かに面白いんです。

ですが、それより先の物語が紡がれていないのです。

最終更新日半年近く前で、著者ページに行くとその後に何作も投稿されている(それらのほとんどが途中で連載停止している)、なんてパターンが多々見られます。

読者としては、「結末まで読ませてよ!」という思いがありますが、同じ書き手としては理解できるものがあります。

私自身、一時期は最後まで書き切ることができず、途中でやめてしまうことを繰り返していました。※現在は改善済み。

こういった、エタった作品を見ているうちに、自分と同じような経験をしている人は多いのではないか、という考えに至ります。

私と同じようにエタりに苦しむ人のため、試行錯誤して得た方法を共有するため、当ブログを立ち上げました。

完結は始まりに過ぎない

小説を完結できるようになったからといって、よい小説になるとは限りません

完結させることは、スタート地点に立つことも同義です。

小説の質を上げるための努力は、まだまだ必要となります。

「小説をより良いものにするにはどうしたらいいのか?」

小説を書く技術をランクアップさせる方法もお話ししていきます。

最終目標は「小説で生きること」

面白い小説を書けるようになったら何を目指しましょうか。

自作の面白い小説ただ眠らせておくのはもったいないです。

世に発表し、それで食べていけるようになることを目指してみます。

小説で稼ぐ方法として、最も手堅いのは小説家になることです。

出版社の公募する新人賞に出し、自作を出版して小説家になる方法ですね。

ですが、現在は新人賞を経て小説家になる以外にも、小説で収入を得る方法は存在します

そういった、新しい方法についても、当ブログでお話ししていきます。

まとめ

「もうエタるのはやめた!」
  • 小説を書きたい人のためのブログ
  • 小説の基本の書き方から技術向上までサポート
  • 小説の腕を上げることを目指す
  • 小説を書くために役立つツールも紹介

字書きの「困った!」に応えるブログ作りを胸に、情報をまとめています。

多くの小説の書き方を参考にまとめていますが、私の経験によるものも大きいです。

もしかしたら、このブログでお話ししている手法があなたに合わないことがあるかもしれません。

そういったときは、「こういう方法もあるのか」くらいに留めていただけると幸いです。

アイコン名を入力

ここでお話しする「小説の書き方」が
少しでも役に立てることを願っています