Web小説

紺坂紫乃様KARMA【第2回あなたの小説紹介します企画】

5月21~27日にTwitterにて、「あなたの小説紹介します企画」を行いました。

抽選の結果、紺坂紫乃@shino_knzk)様に決まりました。

ひらどー
ひらどー
ご応募ありがとうございました!

紺坂様にご指定いただいたのは、アルファポリスで掲載されているKARMAです。

約30万字の、完結済長編小説でした。

1889年の、パリを舞台とした、異能力バトルアクションものなのですが、ただ一言で感想をいうなら――面白かったです!

ここからは、KARMAおすすめポイントと、詳しい感想を紹介していきますね。

あらすじ

1889年フランス・パリ。
万国博覧会が開催される花の都をテロリスト達から護るべく、日本人剣士・笠木刹那(かさぎせつな)率いる深き『業(カルマ)』を背負う七人の仲間達がパリを駆け抜ける--ヒストリカル異能力バトルアクション!!

おすすめポイント

1889年のパリが舞台のファンタジー小説

異能」という特殊な力を持つ人達が活躍するファンタジー作品です。

1889年フランス・パリが舞台となっています。

万国博覧会やエッフェル塔など、実在する出来事や建物の名称がたくさん登場しました。

ファンタジーというと、中世ヨーロッパ風の異世界を想像しがちです。

特殊能力が存在しますが、KARMAは私達と同じ価値観の世界で描かれています。登場人物達が近く感じられました。

リチャード1世新撰組など、歴史上の人物名も出てきます。

知っている名前が出てくると、ちょっと嬉しくなってしまいました。

主人公・刹那は強いが、チートではない

主人公は笠木刹那。廃刀令があったにも関わらず、パリで帯刀しています。

物語は、刹那が男性に鞘当てをするところから始まります。

このときに刹那がやったことがすごいです。

「すれ違いざまにパスポートを掏り、手ごたえが怪しかったので鞘を当て、敢えて下段から剣を受けて爆弾の所持を知り、向こうが名乗っている間に爆弾を壊した。以上だ」
KARMA第一部.V.Sクルセイダーズ篇1-1より引用

いやいやいや!
どんだけ一気にやっちゃってるのよ!

こんなことから始まってるので、刹那は万能型の主人公かと思っていました。

違います。

能力は高いし、器用だし、人柄もいいけど、割とピンチに陥ります。

それを仲間達が助けてくれるのです。

刹那一人の強さではなく、仲間との繋がりに重点が置かれています。そのせいか、彼の強さに嫌味を感じません。

読んでいる私が、刹那よりも、KARMAの中で最も弱いとされているリチャードに共感していたせいかもしれません。

最弱といわれたリチャード

『業』を背負った7人の異能者を描いた作品ですが、冒頭の時点では仲間は5人しかいません。

残りの2人は、少し後に加入します。

その内の一人に、イギリス人のリチャードという青年がいます。

彼は、尊大な態度を取り、聞いていて腹の立つ物言いを繰り返していました。

それなのに異能を使いこなせておらず、口ばかりが達者な男だったのです。彼はあっさりと「最弱」の烙印を押されてしまいます。

強い人間達ばかりがいた中に、弱い存在が入ったことにより、物語が一層面白くなってきました。

彼が、強くなるために悩み、努力する姿に物語の魅力を感じます。

シリアスなストーリーの中で適度に挟まれるユーモア

物語の中心となっている7人は、前世での行いが今生に影響しています。

これが、作中における『』です。

そんな物語設定のため、全体的に重みのある雰囲気が漂っています。

作中、ずっと重い話が続くのではありません。

息抜きのように、適度に挟まれるユーモアくすりと笑ってしまいます

特に気に入っているのが、メンバーの男性陣が苦手としている、プロフェッサー・マハがやって来ると分かったときの彼らの会話です。

穏やかな調子で、とんでもない逃亡先をこぼす刹那が良かったです。

冗談だか本気だか分からない口調なのがまた良くて、「刹那ってこんなこともいうんだ!」と、にやけてしまいました。

感想

強過ぎる刹那に対する感想

正直にいってしまいますと、私は、強過ぎる主人公が苦手です。

刹那も、初めは「お、おう……、こやつ、何でもでき過ぎじゃないですか。流石にこれは無理じゃないですかね」と、ちょっと引き気味で見ていました。

確かに、刹那は強いんですけど、それだけじゃなかったんです。

強いけど、弱いところもあって、それ故に苦しんでいるところもあって、ユーモアも持ち合わせていて。

結末は、きっと、刹那にとって、幸せなものだったんだと思います。

刹那の行動については、「え、えええー!? どうしてそうなった!?」と思ってしまったところもあります。

でも、彼の人柄のせいか、今では刹那も好きな登場人物のうちの一人です。

KARMAのメンバー

KARMAのメンバーは皆、好きです。

最弱のリチャードに、漢気溢れる左文字、ずぼら魔女のアーヤに、悩める少女ルイーズ、料理上手の老紳士デュークにサイコパスのアンリ、そして、最強の刹那。

サイコパスのアンリって、字面からはやばさしか感じないのですが、この子がいいんです。

彼は強いんですけど、最初から強かったのではないんです。

アンリがどうして強いのか、刹那の抱える『業』とは何か、リチャードはどうやって成長していくのか。

見どころはたくさんあります。

ちなみに、私の推し左文字ですよ。漢気溢れてますよ。でも女心の分からん奴なんですがそこがまたよくて!

と、語り始めたら止まらなくなるくらい、好きなキャラクターに出会えました。

詳しくは、物語をお確かめ下さい!