小説創作に関する相談を承っています
小説の書き方

実は難しい一人称視点の小説の書き方|視点の乱れはNG

小説を書き始めたときに、書きやすさを感じことが多いのは一人称視点の小説です。

小説家になろうでも、一人称視点の小説をよく見かけます。

ひらどー
ひらどー
主人公になったつもりで書けばいいんでしょ?
簡単だよ!

本当に主人公になったつもりで書ければいいですが、実際にやってみると難しいものです。

一人称視点では、ある縛りがあります。

今回は、一人称視点の小説で、やっていいことと悪いことを紹介します。

一人称視点で書けるもの

三人称視点では、基本的に心理描写をすることがでしません。

それに対し、一人称視点では、語り部の心理描写をすることができます。

語り部の見たものや聞いたものに、感情を載せて地の文を書くことができるのが、一人称視点です。

一人称視点での描写

一人称視点で書くときに、特に気をつけなければいけないのは視点の乱れです。

照れ」を表現するときに「頬を染めた」と描写することがあります。

三人称視点では、この描写でも問題ありません。

一人称視点で「私は頬を染めた」と描写してしまうと、おかしなことになってしまいます。

「頬を染める」というのは、第三者から見たときの描写です。

頬は染めようと思って染まるものではないので、一人称視点の表現では相応しくありません。

一人称視点では「頬が熱くなった」と表現するのが良いでしょう。

語り部の年齢・性格合わせた地の文

視点の乱れの他に、地の文の文体にも注意しなければいけません。

語り部が幼い子どもだったら、「~である」「~だ」ばかりの堅苦しい文体はおかしいですし、知的な人物だったら、平仮名の多過ぎると違和感があります。

台詞だけではなく、地の文も語り部の個性に合わせた書き方をします。

視点移動は少なめに

小説を書いていると、語り部を移動させたくなります。

同じ章や節の中など、一つの場面で、コロコロと視点が変わるのはNGです。

読んでいる、読者が混乱してしまうため、視点移動は少なめである方が良いとされています。

一人称視点で、何の説明もなくいきなり語り部が変わることはないでしょうが、そもそも、一人称視点の場合は視点移動を極力しない方が望ましいです。

まとめ

  • 一人称視点では「誰が」見ている風景なのかを意識する
  • 一人称視点では年齢・性格を意識した地の文にする
  • 視点移動は少なめ(またはなし)

小説では、視点の乱れは好まれません。

Web小説では良いかもしれませんが、新人賞では落選する対象となります。

一人称視点で小説を書き始める人は多いですが、実際は縛りが多く、書くのが難しい視点です。

普段は三人称で書いている人も、たまに一人称で書いてみるのも良いでしょう。

三人称よりも、語り部の視点を強く意識することになり、筆力向上に繋がります。