小説の感想に関するアンケート調査を行っています。
小説の書き方

三人称視点の小説は一人称視点よりもできることが多い!?

一人称の小説を書くのは、簡単そうに見えますが意外と難易度が高いです。
>> 実は難しい一人称視点の小説の書き方|視点の乱れはNG

ひらどー
ひらどー
視点とか縛りとか、
考えながらなんて書けないよー!

そんなときは思い切って、三人称視点で小説を書いてみましょう

今回は、
三人称視点の小説は一人称視点よりもできることが多い!?
をお送りします。

三人称視点でできること

一人称視点語り部の心の動きを描写するのに長けています。

それに対し、三人称視点登場人物の行動を描写するのが得意です。

その他にもできることはたくさんあります。

代表的な例は、こちらの3点です。

  1. 視点の切り替えが楽
  2. 主人公のいない場面でも書ける
  3. 心理描写もできる

特には、一人称視点の小説ではできないことです。

詳しい内容をお話ししていきます。

視点の切り替えが楽

小説を書き始めたばかりだと、視点を一つに絞ったまま完結させるのは大変です。

語り部ではない、他の登場人物から見た世界も書きたくなってきますよね。

一人称視点の小説だと、地の文の書き方まで考えなくてはいけません。

三人称視点だとそこまで考える必要がなくなります。

地の文は客観的な語り口で統一させて書きます。

一人称視点の小説のように「俺は」「私は」といった書き方をしないので、地の文に登場人物の個性が出ません。

そのため、誰の視点になっても地の文の書き方は一緒で良いのです。

登場人物によって地の文の書き方を変える手間がないので、細かいことを考えずに書けます。

主人公がいない場面でも書ける

一人称視点では、主人公(語り部)の見た場面しか書けません。

主人公のいない場面の出来事は書くことができないのです。

具体的な例を上げてお話ししてみますね。

勇者(主人公)がお姫様を助けるために魔王城へ行く小説があったとします。

一人称視点だと…

  • 書ける→勇者(主人公)が魔王城で戦っている場面
  • 書けない→お姫様が魔王城で勇者を待っている場面

要するに「一方その頃~」と、別の場所の描写ができないわけです。

三人称視点では、基本的な視点を主人公に固定していても、主人公のいない場面も書けます。

主人公以外の人物に視点を切り替えれば良いだけなので、一人称視点よりも自由度が高いです。

心理描写もできる

一人称視点の最大の特徴は「語り部の心理描写ができること」です。

ひらどー
ひらどー
三人称視点では心理描写をしちゃいけないの?

そんなことはありません。

三人称視点でも登場人物の心理を描写することはできます。

しかし地盤は三人称視点なので、一人称視点のように、登場人物の個性を活かした地の文は書けません。

客観的な書き方になってしまいます。

登場人物の個性を活かした心理をどうしても書きたいときは、思考の部分だけ()で括るなどの工夫が必要です。

心理を描写全くしなくてもいい

三人称視点では、心理描写をすることができますが、全くしなくても良いのです。

どの登場人物であっても心理を書かない。

三人称視点ではそういった書き方もできます。

三人称視点で書くときの注意点

できることの多い三人称視点ですが、なんでもやっていいというわけではありません。

やってはいけないこともあります。

その最大手が「同時に複数人の心理描写をすること」です。

同時に複数人の心理を描写してはいけない

三人称視点では心理描写もできるというお話をしましたが、これには条件があります。

描写する心理は一人に絞ることです

先ほどの例を上げてお話してみます。

勇者視点で書いているときは勇者の心理描写はしても大丈夫です。

ですが、勇者視点で書いているときに、お姫様の心理描写をしてはいけません

お姫様が心の中で何を考えているかなんて、勇者にはわかるはずがないですよね。

だから書けないんです。

勇者が読心術を心得ているなら話は別ですが、そんな設定の話はめったにないはず。

勇者視点の話なのに、お姫様の心理まで描写してしまうと、視点の乱れとなります。

読者には読みにくくなりますし、新人賞の選考では不利になりますので、やめておきましょう。

誰の視点で書いているかを意識する

三人称視点は、一人称視点よりも視点の切り替えが楽です。

その分、視点を切り替える回数が増えてしまいがちになります。

コロコロと視点を変え過ぎて、いま書いている話が誰の視点の文章なのかを、忘れないようにしましょう。

誰の視点かわからない文章は、読者にとしては読みにくくて仕方ありません。

まとめ

要点まとめ
  • 三人称視点は視点の切り替えが楽
  • 主人公のいない場面も書ける
  • 心理描写もできる
  • 同時に複数人の心理を描写しないように注意
  • 視点を切り替えるときは誰視点で書いているかを意識する

三人称視点では一人称視点よりもできることが多いです。

視点の切り替えが楽な点が大きな魅力。

その分、視点の切り替えが頻発してしまいがちです。

視点を切り替えるときは、誰の視点で書いているのかを常に意識してください。

作者もわからなくなるほど高頻度で視点を切り替えた小説は、読者にとってはかなり読みにくいです。

読者を意識した小説を書いていきましょう。