小説の感想に関するアンケート調査を行っています。
感想依頼

投稿前の小説をチェックします!新人賞を目指す方への相談サービス

あなたは何を目指して小説を書いていますか?

新人賞だったり、書籍化だったり、ランキング上位表示だったり、目標は様々でしょう。

細かなノウハウは異なりますが、どれにしても、共通していえることがあります。

それは「つまらなければ結果が出ない」ことです。

このサービスでは、あなたが良質な小説を書けるようにお手伝いします。

どんなサービスなの?

このサービスは、私、ひらどーが行います。

元は、小説を書くのが好きで、小説家を志望していました。今も諦めてはいないのですが、それよりも、「人の書いた作品が、より良いものになっていく様子を見るのが楽しい!」ことに気付き、このサービスを始めました。

はじめは小説の感想と気になった点をまとめるだけのサービスを行っていたのですが、電子書籍の売り上げが上がったと聞いて、歓喜の舞を踊ってました。

これをきっかけに、小説を書く方のお手伝いすることの楽しさに気付き、もっと作者のサポートに特化した相談サービスに変更しました。

相談サービスでできること

小説を公募に出したり、電子書籍で出版したり、投稿サイトで公開する前に、第三者の目であなたの小説を見ます。

私のサービスでは、

  • 読者としての率直な感想(テキストデータ)
  • 本文中の気になった文章の指摘(Wordデータ)
  • 納品内容についての疑問点・不明点の相談>/li>

ができます。

感想の納品

感想の内容は、小説によって変わりますが、以下の点を中心に書くことが多いです。

  • 小説の読みやすさ
  • 気になった場面
  • 気になった登場人物

小説の感想を人から聞ける機会はすごく少ないです。

そのことを踏まえ、このサービスではひらどーという人間が、その小説を読んで何を思い、何を感じたかを率直にまとめ、お伝えしています。

文章の気になった点の指摘

Wordで本文に差し込むコメントは、校閲に近い内容です。

文章についてはこれらのことに注目して見ます。

  • 誤字脱字
  • 日本語の誤用
  • 表記揺れ
  • 読みにくい文章の指摘

この他にも内容に踏み込んだことも書きます。

  • 登場人物の破綻
  • ストーリーの展開の破綻
  • 視点の乱れ

いずれも、作者としては客観的に見ることが難しい箇所です。

読者としての疑問を全てお伝えします。

こんな人におすすめ

感想も指摘も、読者として感じたことをそのまま書きます。

そのため、書く内容は作品を褒める言葉だけではありません。

その小説を読んで「ここが良い」と感じたらそのように書きます。

ですが、読んでみてわからないところがあれば「ここがわかりませんでした」と指摘することがあります。

小説の執筆に悩んでいる人がこのサービスを受けると、納品内容を読んで更に悩んでしまう、なんてことになってしまうかもしれません。

このような状況を避けるため、このサービスは以下の人たちを推奨しています。

  • 小説新人賞の受賞を目指す人
  • 電子書籍で出版予定の人

ある程度、厳しい意見でも聞ける人たちです。

褒め言葉だけが欲しいときは、ココナラで出品されている、別の方のサービスをおすすめします。

提出する小説は完結済推奨

未完の小説でも承ることはできますが、できたら完結してからの提出をお願いします。

私からの感想・指摘を受けて、その後の執筆に悩み、続きを書けなくなってしまう可能性があるためです。

未完小説でご依頼される際は、その旨をご相談ください

対象ジャンル

基本的には、どのようなジャンルでも承ります。

ここにテキストを入力

  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 青春
  • 推理
  • ホラー
  • BL
  • GL

ストーリーを中心とした、自作の一次創作に限ります。

以下の小説は受注できません。

ここにテキストを入力

  • 官能を目的とした小説や、性描写が中心の小説
  • 二次創作

アンソロジー原稿の依頼を考えている編集者の方は、ご依頼の際にその旨をご相談ください。

小説の提出ファイル

提出ファイルはワード(.docx)またはテキスト(.txt)形式にしてください。

直接ファイルのやり取りをするのに不安がある方は、Googleドキュメントでやり取りすることもできます。

頂いた小説は、印刷した上で読みます。

小説投稿サイトで掲載している小説を依頼したいときは、お手数ですがWordかテキストのどちらかの状態に移し替えて納品してください。

また、こちらからの納品は

  • 感想はテキスト
  • 気になった点はWord

で納品します。

Wordに対応していないときは、Googleドキュメントを利用しますので、事前にご相談ください。

納品予定日

10万字で約一週間で納品可能です。

こちらの依頼の受注状況や文字数によって変化しますので、正式な依頼の前に納品予定日をお伝えします。

納品が完了してからの一週間が相談期間です。

納品した感想や、気になった点についての疑問点・不明点のご相談を承ります。

その後の修正の方針など、困ったことがあればお話しください。

※このときのやり取りは1日1~2通となります。

相談料金

料金は5,000円です。

新人賞向けのサービスなので、10万字の小説を想定した金額です。

短編小説の場合は割高となってしまいますので、ご注意ください。

10万字を遥かに超える小説(30万字以上)の場合は、追加料金を頂く場合があります。

現在のところ、多くても15万字未満の小説しか承っていませんが、今後、それを超える大長編小説の依頼があれば、それに合わせて対応いたします。

料金は定期的に見直しています。
1か月程度の事前告知の後、値上がりする場合があります。

申し込み

申し込みは、下記のフォームからお願いします。

※1週間以内に返信がない場合は、メールが届いていない可能性があります。
お手数ですが、メールアドレスをよく確認した上で、再送してください。

申し込みのときに、

  1. 小説の状態(未完、完結)
  2. 小説の提出形態の希望(ワード、テキスト、Googleドキュメント)
  3. 納品形態の希望(ワード、Googleドキュメント)
  4. ジャンル
  5. 文字数
  6. 依頼した理由(新人賞に応募する、電子書籍で出版するなど)

を書いてください。





ココナラでも受け付けています。

投稿前の小説の原稿を読み、ご相談に乗ります 「新人賞に出す前に第三者の目で読んで欲しい人」におすすめ
無料会員登録

まとめ

「自分の書いた小説は、人からどう見えるのだろう?」と疑問を持った方へのサービスです。

自分の書いた小説は、どう頑張っても客観的に見えません。書いたのは自分ですから。

ですが、その小説を読むのは他人です。

新人賞や、小説投稿サイトで多くの人の目に触れる前に一度、他の人に見せてください。

正直にいうと、見せる相手は友人や家族でもいいです。心当たりのある人は、そういう身近な人に見せてください。

「友人や家族に見せるのは恥ずかしい」「小説に詳しい人に見せたい」という方は、私に見せてください。

忌憚ない意見をお届けします。