小説創作に関する相談を承っています
感想依頼

投稿前の小説に感想を書きます!新人賞を目指す方への相談サービス

あなたは何を目指して小説を書いていますか?

新人賞だったり、書籍化だったり、ランキング上位表示だったり、目標は様々でしょう。

細かなノウハウは異なりますが、どれにしても、共通していえることがあります。

それは「つまらなければ結果が出ない」ことです。

このサービスでは、あなたが良質な小説を書けるようにお手伝いします。

どんなサービスなの?

このサービスは、私、ひらどー@hirado11)が行います。

元は、小説を書くのが好きで、小説家を志望していました。今も諦めてはいないのですが、それよりも、「人の書いた作品が、より良いものになっていく様子を見るのが楽しい!」ことに気付き、このサービスを始めました。

はじめは小説の感想と気になった点をまとめるだけのサービスを行っていたのですが、電子書籍の売り上げが上がったと聞いて、歓喜の舞を踊ってました。

これをきっかけに、小説を書く方のお手伝いすることの楽しさに気付き、もっと作者のサポートに特化した相談サービスに変更しました。

作者が、自分の書きたいものを自由に書き切ることを目的としたサービスです。

どんなことをしてくれるの?

小説を公募に出したり、投稿サイトで公開する前に、第三者の目であなたの小説を見ます。

小説を読んで感想をまとめると共に、

  • 誤字脱字
  • 日本語の誤用
  • 表記揺れ
  • 読みにくい文章の指摘

といった、文章に関する気になった点や、

  • 登場人物
  • ストーリーの展開

など、内容に関する気になった点を提示します。

相談サービスには、

  1. プロット相談
  2. 単品相談
  3. 長期相談

の3種類があります。それぞれできることが異なります。

プロット相談

プロットについて一人で悶々と考えていても、答えが出ないときがありますよね。

そんなときに対話の相手となるのがプロット相談(2,000円)です。

メール、TwitterのDMなどで対話を行い、プロットや構想の段階での悩みを聞きます。

1日1~2通のやり取りとなります。

「こういう話で、こういう流れで、ここまで決まっている。だけどここからの展開で詰まっている」

と、具体的に話してください。私がそこに質問を重ね、ストーリーやキャラクターを掘り下げるお手伝いをします。

その中で「その設定だとボリュームが大き過ぎるようです。二つに分ける方法もありますよ」というようなお話をすることがあります。

書くのは作者本人であり、私ではないのです。私は、作者の悩みのはけ口、あるいは整理するためのツールです。

期間は2週間です。それまでにプロットが固まる(ここまで書けばあとは書くだけ!)ことがなかった場合、1,000円の追加料金で、1週間延長できます。

そのプロットで書いた小説本編はこちらのサービスで受け付けることはできません。

  • 小説を書き始めてからの悩みは、単品相談(3,000円の追加料金でグレードアップ可)で受け付けます。
  • 3日以上返信がなかった場合はクローズします。

単品相談

「自分の書いた小説は、人からどう見えるのだろう?」と疑問を持った方へのサービスです。

自分の書いた小説は、どう頑張っても客観的に見えません。書いたのは自分ですから。

ですが、その小説を読むのは他人です。

新人賞や、小説投稿サイトで多くの人の目に触れる前に一度、他の人に見せてください。

正直にいうと、見せる相手は友人や家族でもいいです。心当たりのある人は、そういう身近な人に見せてください。

「友人や家族に見せるのは恥ずかしい」「小説に詳しい人に見せたい」という方は、私に見せてください。

提出ファイルはワード(.dox)またはテキスト(.txt)形式にしてください。あるいはGoogleドキュメントを利用して拝読、納品することも可能です。

印刷した上で読みたいので、小説投稿サイトで掲載しているものも、こちらのいずれかの状態で小説を提出してください。

料金は5,000円です。同じ作品でプロット相談を受けていた方は、4,000円の追加料金で単品相談を受け付けられます。

完結済はもちろん、未完作品でも受け付け可能です。

読了から納品まで日数がかかります(10万字で7日程度)
連載中の作品を提出すると、更新が止まってしまう可能性があります。

小説を拝読し、感想と疑問点をまとめて納品します。納品した内容を確認し、不明点があればそれについてやり取りをします。

  • 小説の閲覧数が上がらない
  • ここを指摘されたけど直し方が分からない

というときも、ご相談に乗ります。

全て解決した時点で終了となるサービスです。

こちらも1日1~2通、メールまたはTwitterのDMなどでやり取りを行います。

納品後のやり取りの期間の目安は1週間です。再提出は、3,000円(1回のみ)または5,000円(何度でも)で可能です。

  • 書き直した小説の再提出は、3,000円で可能です。
  • 何度も提出したいというときは、5,000円の追加料金で対応可能です。
  • 3日以上返信がなかった場合はクローズします。

長期相談

小説執筆を、最初から最後までお手伝いするプランです。

ストーリーを創る際の悩み何処までも聞きますし、改稿の度に提出を受け付けます。

2回でも3回でも、あるいは5回以上でも、書き直したら書き直しただけ、何度でも読みます。

期間中であれば、新しい作品の提出も可能です。

その小説が完結するか、作者がその小説を書き続けることができないと判断したときに終了します。

依頼者が、プロット相談または単品相談のサービスを受けて、「完成まで見て欲しい」と考えた場合のみ行えます。

基本的には単品相談から移行した場合に行えるプランですが、リピーターの方ははじめからこのプランで相談を承ることができます。

はじめからこのプランにするときの料金は9,000円です。

単品相談からグレードアップした場合は、プラン以降後の3ヶ月間をサポート期間とします。

リピーターの方の場合は、依頼受注後、6ヶ月間をサポート期間とします。

期間を過ぎてからのサポートは、1ヶ月3,000円の追加料金で承ります。

  • はじめからこちらのプランでサービスを受けることはできません
  • 初めてのご利用の方は、プロット相談または単品相談から申し込みしてください。
  • リピーターの方は、はじめから長期相談での申し込みが可能です。
  • 3日以上返信がなかった場合はクローズします。

申し込み

申し込みは、下記のフォームまたはTwitterのDMからお願いします。

※1週間以内に返信がない場合は、メールが届いていない可能性があります。
お手数ですが、メールアドレスをよく確認した上で、再送してください。

申し込みのときに、

  1. 希望の相談プラン(プロット相談、単品相談)
  2. 小説の状態(プロット、未完、完結)
  3. ジャンル
  4. 文字数
  5. 小説の悩み(展開に悩んでいる、新人賞に応募したい、小説投稿サイトで人気になりたいなど)

を書いてください。





ココナラでも受け付けています。

投稿前の小説の原稿を読み、ご相談に乗ります 「新人賞に出す前に第三者の目で読んで欲しい人」におすすめ
無料会員登録

3種類の相談内容と料金まとめ

プロット相談と単品相談、長期相談の違いをまとめました。

プロット相談

 

料金 2,000円
期間 2週間(1,000円追加で1週間延長可能)
備考
  • メール、またはTwitterのDMでやり取り
  • 追加料金 4,000円で単品相談へグレードアップ可
  • 3日以上返信がなかった場合はクローズ

単品相談

 

料金 5,000円
期間 納品後のやり取りは1週間のみ(納品日数は小説の文字数によって異なります)
完結作品 受付可
未完作品 受付可
提出形式
  • ワード(.dox)またはテキスト(.txt)形式
  • 小説投稿サイトで連載中のものは、
    サイト名・作品タイトル・著者名を教えてください
再提出 1回3,000円で可能
何回も提出したい場合は5,000円の追加料金で可能
備考 3日以上返信がなかった場合はクローズ

長期相談

 

料金 (リピーターのみ)9,000円
期間 1作品完結で終了

  • グレードアップ後 3ヶ月(3,000円追加で1ヶ月延長可能)
  • リピーター 6ヶ月(3,000円追加で1ヶ月延長可能)
完結作品 受付可
未完作品 受付可
提出形式 ワード(.dox)またはテキスト(.txt)形式
小説投稿サイトで連載中のものは、
サイト名・作品タイトル・著者名を教えてください
再提出 何度でも可
感想・疑問点の提示 何度でも可
備考
  • 初めてのご利用の方は、最初から長期相談を利用することができません
  • 先に、プロット相談か単品相談を利用して下さい
  • リピーターの方は、最初からこちらを利用できます
  • 3日以上返信がなかった場合はクローズ

※料金は値上がりする場合があります。

全ての相談について共通していえるのは、作者が書きたいものを書くことを目的としていることです。

作者が書きたいと考えているものを否定することはありません。あくまで、作者をお手伝いするサービスです。

サービスまとめ

新人賞に応募しても、評価がもらえない賞があります。一次選考を通らないともらえなかったり、そもそも講評そのものをやってなかったり、と事情は様々です。

こういうときは、「自分の小説の何処が悪かったのか」が分かりません。

人からの評価が知りたい、と思って小説投稿サイトで連載をしても、感想をもらうことができず自分の小説の評価がわからないままになってしまいます。

そんなときは一度、サービスを利用して、小説を送ってください。

あなたの書いた小説の良いところと気になる点をまとめてお伝えします。

客観的な視点を加えて、小説の質を、どんどん上げていきましょう。

どのプランであっても、必要があると判断したときは執筆スケジュールの編成を代行します。

これは、あなたの目指すものを一緒に追いかけ、背中を支えるサービスです。

申し込み

申し込みは、下記のフォームまたはTwitterのDMからお願いします。

※1週間以内に返信がない場合は、メールが届いていない可能性があります。
お手数ですが、メールアドレスをよく確認した上で、再送してください。

申し込みのときに、

  1. 希望の相談プラン(プロット相談、単品相談)
  2. 小説の状態(プロット、未完、完結)
  3. ジャンル
  4. 文字数
  5. 小説の悩み(展開に悩んでいる、新人賞に応募したい、小説投稿サイトで人気になりたいなど)

を書いてください。





投稿前の小説の原稿を読み、ご相談に乗ります 「新人賞に出す前に第三者の目で読んで欲しい人」におすすめ
無料会員登録