小説創作に関する相談を承っています
エタり対策

エタるとは? 意味と原因を解説!

エタるという言葉を何処で聞きましたか?

「この小説エタったか」
「やばい、いま書いてるやつエタりそう」

そういった具合でちらちらと耳にするフレーズです。

創作界隈で使われることが多い言葉ですが、特に商業ではなく個人で行っているものに多く使われます。

漫画・ゲームなどでも同様に使いますが、ここは小説ブログなので小説を想定して意味を解説します。

「エタる」の意味は?

エタる」とは、「創作中のものが永遠の未完(=完結しない)で終わる」ことを指します。

eternal(永遠なる)からくる造語です。

連載作品が何ヶ月も更新停止になっていたら、エタっているといえるでしょう。

ちなみに、社会や歴史で耳にしたことのある差別用語と名称が似ていますが、全くの別物です。

「エタる」の使い方

未完で終わっているものに対して「これ、エタった」

未完で終わってしまいそうな連載中の作品に対して「これ、エタりそう」

といったように、動詞として使います。

エタることの多い人のことを「エタラー」や「エター」という場合もあります。

注意して欲しいのは、いわれて嬉しい言葉ではないことです。

「いやー、もうこれエタっちゃうかもなー」と自虐的にいう、あるいは「絶対エタらないぞー!」と意思表示のために自分で使うなら問題ありません。

ですが、他の人に対しては使わない方がいいです。

「エタらないで!」と相手を励ますつもりで使ったとしても、受け取る側はそう思ってくれません。

エタりかけているときは作者側も極限に追い詰められているので、悪い意味でしか受け取れない可能性が高いです。

どういうときにエタるの?

エタりの原因は様々ですが、多くは作者が創作できない状況にあるために起きます。

具体的には、

などが多いです。

突き詰めれば、「作者が書けない」状況になっているということです。

エタりが確定するまでの間は、「本当はその作品を書きたい。でも書けない」と悶々と悩んでいます。

エタった作品を見つけたらどうしたらいいの?

好きな作品の更新が停止してしまったら悲しいですね。

だからといって、作者に詰め寄るのはやめましょう。「続きを書け!」といっても好転しません。

では、どうすればいいのでしょう?

待ちます。

ひたすらに待ちます。

作者が再び書けるようになるまで、温かな目で見守りつつ、待ちます。

その際、「あなたの○○という作品が好きです!」と伝えることも忘れません。

その作品へのが、作者のやる気に繋がります。

まとめ

「エタる」という言葉はポジティブな言葉ではありません。使いどころに注意が必要となります。

連載作品は完結して欲しいです。

でも、どうしても書けなくなってしまうときがあります。

創作に関わっている以上、エタりの危険性と付き合っていかなければいけません。

読者としては見守ることしかできませんが、作者自身は「何故、自分はエタってしまうのか」を考え続けていきます。

そして、エタりから脱し、一度エタった作品群を完結させていきましょう。