エタり対策

書いた小説の文字数が少ない!5W1Hで描写を足そう

小説を書いてみたはいいものの、文字数が少なくて味気ないものになってしまう、ということがあります。

とにかく文字数を増やしたくて、会話を増やせば、台詞だらけの小説になってうすっぺらになってしまいます。地の文も、適当に書いてしまうと、何が言いたいのか、訳の分からない文章になってしまいます。

ひらどー
ひらどー
ごちゃごちゃと文章を継ぎ足すくらいなら、きちんとした描写を足してみましょう

何処にどうやって描写を足せばいいのか分からない、というときのために、順を追って足し方を説明していきます。

元となる小説を用意する

まず、元となる小説を用意します。完結していても未完の状態でも構いません。

「ちょっとここ、内容が薄いな」と感じるところに実行していきます。

ここでは、私がざっくりとした小説を書いてみますね。それに描写を足し、文字数を増やしていきます。

山田花子が田中太郎に告白するシーンにします。

花子は田中を待っていた。
田中が来た。
「田中くん、好きです」
「俺も、山田さんが好きです」
花子は喜んだ。

プロットかよ。

いえ、プロットよりも短いかもしれません。

さすがにここまであっさりした小説はないかと思いますが、ここに肉付けを施していきます。

最初は50字です。

さて、何字に増えるでしょう。

5W1Hを使う

描写を何処に足すべきか、その小説に問いかけて決めていきます。

このときに使うのが、5W1Hです。

  • When いつ
  • Where どこで
  • Who 誰が
  • What 誰が
  • Who 何を
  • Why 何故
  • How どうなるのか

これが5W1Hです。

小説が短い、と感じる箇所に、これを問いかけていきます。

5W1H

<h3いつ(When)の場面なのか

この例文で気になる時間は3つあります。

  • 「いつ」田中を呼んだのか
  • 田中を待っている今は「いつ」なのか
  • 「いつ」から田中が好きなのか

田中を待っているということは、その前に田中を呼び出しているはずです。いったいいつ呼び出したのでしょうか。

そして、それを待っている今はいつなのでしょう。

また、花子はいつから田中を好きなのでしょう。

分からないので、決めてしまいます。

、田中を呼んで、夕方の今、待っていることにします。

花子がいつ田中を待っているのかについての疑問に対する文章なので、該当箇所に差し替えます。

花子は今朝、田中に声をかけた。
「今日の夕方、17時に会って欲しい」と。
時計は間もなく、17時を指す。
田中が来た。
(略)

88字になりました。

好きになったのがいつかという疑問が残っていますが、このシーンにそれを入れると蛇足になりそうな気がするので、入れないでおきます。

疑問があっても、不要だと感じたら無理に入れる必要はありません。

何処(Where)で起きている場面なのか

これは何処で起きている出来事なのでしょう。

わざわざ告白する場所として選んで呼び出しているということは、2人が普段いるところとは違う場所であるということになります。

ここでは、公園に呼び出したということにします。

この公園には何あるのでしょうか。

植木? 池?

折角なので、季節感を出して、桜が咲いている公園にします。ついでに名前もつけて、さくら公園にしましょう。

花子は今朝、田中に声をかけた。
「今日の夕方、17時にさくら公園に来て欲しい」と。
時計は間もなく、17時を指す。夕陽で桜がオレンジ色に染まっていた。
田中が来た。
(略)

単純に「花子はさくら公園で待っている」と書かず、夕陽で染まる桜の色で待ちぼうけをくらっている様子を表現したのは、ちょっとしたお洒落感を狙った小技です。

これで、111字です。

誰(Who)が動いているのか

これは、山田花子と田中太郎が主人公の小説です。

そもそも、山田花子と田中太郎って誰だよ、という話ですね。

何歳なのか?
子どもなのか、学生なのか、大人なのか、何なのか。

告白するというだけでは何も分かりません。

ここもはっきりさせてやりましょう。

今回は、2人とも高校生ということにします。ただ高校生というだけでは表現しにくいので、卒業式を迎えた高校生ということにします。

花子が田中に想いを告げられるのは今日しかない。今朝、田中に声をかけた。
「卒業式が終わったら、さくら公園に来てほしい」と。
時計は間もなく17時を指す。
(略)

これで、花子達がどのくらいの年齢なのか、想像がつきやすくなりました。

ちなみに、131字になっています。

何(What)をしているのか

今回の例でいえば、何をしようとしているのかは明白です。

花子が田中に告白をしようとしています。

そして、告白する前に、田中のことを待っています。

ここでは、花子がどのくらいの時間を待っているのかについて細かく書きます。そして、田中が遅れている理由についても書いてみます。

(略)
時計は間もなく、17時を指す。夕陽で桜がオレンジ色に染まっていた。
田中は生徒会長だったため、他の生徒や教師からも人気がある。遅くなるだろうと覚悟はしていたが、さすがに遅過ぎる。
もう来ないのではないか。
そんな不安がよぎった。
だが、田中は来た。
(略)

少し臨場感が出て来ましたね。

文字数も、212字になりました。

何故(Why)その行動しているのか

何故花子は田中に告白しようとしているのでしょうか。告白をするからには、好きになった理由と告白すると決めた理由があるはずです。

このエピソードを足すと、それだけでかなりの文字数が増えます。ですが、ここでは敢えて、告白シーンに場面を絞り、ショートショートとして描いていきます。

告白前に「○○で○○ということがあったから、田中くんのことが好きです」と台詞に入れてもいいのですが、それではちょっと情緒がないというか、好みではないので、私は入れません。

あくまで好みの問題です。私がエピソードの中に、されげなく盛り込んでいきたい派なので、削ってしまっただけです。告白の前にさり気なく入れる筆力がないともいえます。

結果、どうなる(How)のか

Howはどのようにしてと訳されることが多いですが、ここではどうなるのかという意味で考えていきます。

山田花子は田中太郎に告白して、結ばれる。

これが結果です。

元の文の、

「田中くん、好きです」
「俺も、山田さんが好きです」
花子は喜んだ。

だけでは、あっさりし過ぎていますね。

台詞を変えずに、地の文の描写を増やすだけで何処まで変わるのかを見てみたいので、台詞は増やさずに2人が結ばれる様子を描いてみます。

諸々を更に足して、全体に調整を加えた文章が以下のようになりました。

花子が田中に想いを告げられるのは今日しかない。今朝、田中に声をかけた。
「卒業式が終わったら、さくら公園に来てほしい」と。
時計は間もなく17時を指す。夕陽で桜がオレンジ色に染まっていた。
田中は生徒会長だったため、他の生徒や教師からも人気がある。遅くなるだろうと覚悟はしていたが、さすがに遅過ぎる。
もう来ないのではないか。
そんな不安がよぎった。
だが、田中は来た。
公園に着くと、花子の姿を見つけて駆け寄って来る。
目の前に田中が来ると、花子はすうっと、深く息を吸った。
「田中くん、好きです」
照れと恥ずかしさが一気に押し寄せ、頬が赤くなるのを感じた。顔を上げることができない。
「俺も、山田さんが好きです」
思わず、顔を上げた。
田中の顔が赤く見えるのは、夕陽のせいだけではない。
田中の手がぎこちなく、花子の手に触れた。
風で舞う桜の花びらは、二人を祝福してくれるようだった。

だいぶ増えました。

これで379字です。何故好きになったのかのエピソードを放置しましたが、329字増えました。

ちなみに、この点については感想サービスを受けた際に指摘されました。ブログ記事で例文で紹介するために書き上げたショートショートだったので、これでいいかな、と思って感想をお願いしました。ですが、感想を聞いてみると、やっぱりきちんと理由も書けばよかったなあ、と思います。

更に調整して、800字を越えた小説をアルファポリスアルファポリスとDigNovelで公開しています。